投資家向け情報サイト English免責事項サイトマップ
Inovestor Relations 知の世紀を拓くTAC
Menu
投資家の皆様へ
IRニュース
IRスケジュール
経営方針
財務・業績
業績の推移
財務の推移
配当金の実績
キャッシュ・フローの推移
セグメント別業績の推移
IR資料集
株主優待制度
株式情報
会社情報
よくある質問

IR情報メールご登録

IRのお問い合わせ・資料請求

株式情報

たいせつにしますプライバシー
個人情報保護方針


Adobe Reader を必要とする
ページが含まれています。
財務・業績
業績の推移
財務の推移
配当金の推移
キャッシュ・フローの推移
セグメント別業績の推移
財務・業績 業績の推移
業績の推移
(単位:百万円 )
損益計算書
ハイライト(連結)
2009/3 2010/3 2011/3 2012/3 2013/3
前受金調整前
売上高(現金ベース)
21,551 24,096 23,535 21,753 20,439
前受金調整額 △ 459 △ 104 1,039 825 559
前受金調整後
売上高(発生ベース)
21,092 23,991 24,575 22,578 20,999
売上原価 12,450 14,728 15,366 14,599 13,252
販売費及び
一般管理費
7,261 8,639 8,783 8,560 7,596
営業利益 1,330 623 465 △ 606 136
経常利益 1,352 442 283 △ 530 377
当期純利益 669 40 △ 244 △ 799 977
1株当たり
当期純利益(円)
36.58 2.20 △ 13.38 △ 43.82 53.63

※前受金と講座に関する売上計上基準について
当社の提供する資格試験講座においては、原則として受講者の申込時点で講座受講料を全額前納していただいており、受取った受講料をいったん全額負債としての前受金に計上し、受講期間に応じて受講者にサービスを提供していく都度、月割りで前受金を取崩し売上計上していきます。
当社の主力である公認会計士・税理士等の難関国家資格講座は、受講期間が1年を超えるものも多く、したがって前受金は1年以上にわたり各月の売上に振り替えられていくことになります。

売上高(発生ベース)

2010年3月期においては、Wセミナーとの事業統合により売上高が大幅に増加しました。

前受金繰入・戻入と売上高の関係

現金ベースの売上が拡大していく局面では前受金残高が増大していき、当該会計期間以降、前受金戻入が多額になることによって発生ベースの売上を押し上げる効果が強まります。一方で、現金ベースの売上が減少していく局面では前受金残高が減少していき、当該会計期間以降、前受金戻入が少なくなることによって発生ベースの売上を押し上げる効果が弱まる傾向があります。

営業利益・当期純利益

財務・業績 財務の推移
財務の推移
(単位:百万円 )
貸借対照表
ハイライト(連結)
2009/3 2010/3 2011/3 2012/3 2013/3
総資産 17,091 20,443 21,654 19,061 16,808
前受金保全
信託受益権
4,132 4,549 4,350 3,069 546
差入保証金 3,831 4,995 4,767 4,929 3,152
前受金 7,676 9,189 8,073 7,204 6,621
有利子負債 2,850 4,525 6,668 6,196 3,572
純資産 4,062 3,804 3,222 2,199 3,327
1株当たり純資産 (円) 222.45 208.41 176.29 120.17 181.59
自己資本比率 (%) 23.7 18.6 14.8 11.5 19.7

消費者保護の考え方の高まりに対応して2009年3月期に前受金保全信託制度を自主的に導入しました。これに伴い、借入金及び総資産が増加しています。また、2010年3月期にはWセミナーの事業統合により、前受金や各種資産承継のため総資産が増加しています。

総資産

純資産・自己資本比率

財務・業績 配当金の実績
配当金の実績
(単位:円 )
  2009/3 2010/3 2011/3 2012/3 2013/3 2014/3(予)
1株当たり
年間配当金
17.00 17.00 20.00 --- --- 1.00
(内訳)            
  中間配当 9.00 8.50 10.00 --- --- ---
  期末配当
8.00 8.50 10.00 --- --- 1.00
配当性向 (連結)   (%) 46.48 772.73 --- --- --- 1.86

2013年3月期は、内部留保を優先し、無配とさせていただきました。2014年3月期は、復配を予定しております。

配当金・配当性向(連結)

財務・業績 キャッシュ・フローの推移
キャッシュ・フローの推移
(単位:百万円 )
キャッシュ・フロー
ハイライト(連結)
2009/3 2010/3 2011/3 2012/3 2013/3
営業活動による
キャッシュ・フロー(純額)
△ 2,868 347 758 △ 59 3,301
投資活動による
キャッシュ・フロー(純額)
△ 199 △ 1,639 △ 914 △ 575 1,393
財務活動による
キャッシュ・フロー(純額)
2,428 1,364 1,822 △ 685 △ 2,637
現金及び現金
同等物期末残高
1,350 1,421 3,086 1,767 3,839
フリー・
キャッシュ・フロー
△ 18 △ 660 △ 438 △ 888 733

※フリー・キャッシュ・フロー = 当期純利益+減価償却費−設備投資額−運転資本増加額−配当金の支払額
※2009年3月期の営業キャッシュ・フローは著しいマイナスとなっていますが、これは前受金保全信託制度の導入によるものであり、この影響を除いた営業キャッシュ・フローは、1,263百万円であります。

営業活動によるキャッシュ・フロー

財務・業績 セグメント別業績
セグメント別業績の推移
(単位:百万円 )
セグメント別
売上高(連結)
2009/3 2010/3 2011/3 2012/3 2013/3
個人教育事業 14,557 16,861 17,324 15,873 14,264
法人研修事業 4,259 4,531 4,590 4,273 4,135
出版・その他の事業 2,276 2,599 --- --- ---
出版事業 --- --- 2,257 2,083 2,219
人材事業 --- --- 402 347 379
合計 21,092 23,991 24,573 22,578 20,999

セグメントの推移(個人教育事業)

講座売上の低迷をコスト削減で補い、大幅に損益を改善。

個人教育事業は、公務員講座や宅建主任者講座など売上を増やしている講座がある一方で、財務会計系講座や法律系講座を中心に申し込みが低調に推移した結果、売上高は前年同期比10.1%減の142億6千6百万円となりました。しかしながら、夏の本試験時期以降、拠点の再編や外注費の絞り込みなど、あらゆる営業費用の抑制に積極的に取り組み、営業費用を同11.1%削減した結果、営業損益は大幅に改善されました。

セグメントの推移(法人研修事業)

企業研修・大学内セミナーは健闘、コンテンツ提供・提携校・委託訓練が低迷。

法人研修事業は、主力の企業研修において、財務会計系の研修が前年同期比5.6%減、FP研修が同2.6%減となったものの、ヒューマンスキル系研修が同73.3%増、宅建主任者が同36.7%増と大幅に増加した結果、全体としてはほぼ前年並みの売上となりました。また、大学内セミナーも公務員講座の堅調等により前年を上回る売上を確保しました。一方、地方専門学校に対するコンテンツ提供は同22.9%減、提携校事業が8.2%減、自治体向けの委託訓練が7.6%減と低迷しました。

セグメントの推移(出版・その他の事業)

(注)2011年3月期より「セグメント情報等の開示に関する会計基準」を適用し、従来の「出版・その他の事業」を「出版事業」と「人材事業」に分けて報告セグメントとしております。

セグメントの推移(出版事業)

商品開発強化による刊行店数増加と販促強化による顧客基盤構築がかみ合い、増収増益。

当社グループの出版事業は、当社が展開する「TAC出版」ブランドおよび子会社の早稲田経営出版が展開する「Wセミナー」ブランド(以下、「W出版」という)の二本立てで進めております。
2013年3月期は、コンテンツの更なる拡充を図り、刊行点数はTAC出版が522点(前年同期は458点)、W出版が169点(同160点)と大きく伸ばしました。また、自社書籍販売サイト「サイバーブックストア」の利便性強化、書店での「TAC資格祭り」フェア開催等による販促の強化に努めた結果、売上高は22億1千9百万円(前年同期比6.5%増)、営業利益4億3千7百万円(同12.9%増)と、増収増益を達成しました。

セグメントの推移(人材事業)

監査法人業界の就職状況に好転の兆し、会計業界の人材ニーズに底打ち感。

子会社のTACプロフェッションバンクでは人材事業(人材紹介・人材派遣・求人広告)を展開しています。
人材事業は大手監査法人を中心に会計士試験合格者の採用者数が増加する等、会計業界の人材ニーズに好転の兆しが見え始め、会計事務所への人材紹介件数は前年比146.9%と大幅に増加しました。また、引き続き全社的にコスト削減を進めた結果、売上高は4億2千2百万円(前年同期比8.4%増)、営業利益は6千2百万円(同94.0%増)と増収増益となりました。


TOP INVESTOR RELATIONS